2010年5月18日火曜日

赤松口蹄疫、対応遅いわっ!

赤松口蹄疫事件、そろそろ本格的に日本の酪農がヤバイ。
ここで、最初に断っておくが、こういうのは論外である。

「口蹄疫」人に感染しないなら食べても大丈夫?

2010/5/17 15:18
~~前略~~
   また、『宮崎牛』は子牛として出荷され、高級ブランドの近江牛や松阪牛、佐賀牛として育てられて食肉用として販売されており、各産地への影響も心配されている。
   急速に被害が急拡大したのはGWだったのに、外遊中だったとかで赤松農水相が宮崎入りしたのは5月10日。自民党の地元選出議員が「何しに来たんですか」と食ってかかっていたが、それまで県は何をしていたのか、番組では触れなかった。
   スタジオでは「人に感染しない、食べても大丈夫。ならば、なぜ(殺処分など)そこまで厳重にするのか」(ジャーナリストの鳥越俊太郎)、「結局、人間のご都合で、罹っていないのに大きくまとめて処分は可哀そう」(弁護士の田中喜代重)と素朴な疑問が出た。
~~後略~~
http://www.j-cast.com/tv/2010/05/17066613.html
テレビでモノを喋るんなら、ちったあ勉強してくれ。

注:別ブログでの記事を移植しました。