投稿

ラッカ陥落、テロ組織ISILは空中分解

概ね予想できた結果だが、随分時間がかかったな。
IS標ぼうの「国家」事実上崩壊も長期の過激派対策必要 10月18日 6時28分
過激派組織IS=イスラミックステートが「首都」と位置づけるシリア北部のラッカが、アメリカなどの支援を受ける地元の部隊によって制圧され、ISが標ぼうしてきた「イスラム国家」は事実上、崩壊しました。しかしISの過激な思想の影響を受けたテロ事件は世界各地で相次いでいて、長期にわたる過激派対策が求められることになります。
テロ組織ISILは、「イスラム国」、IS、ISIS、ダーイシュなど様々な呼び名で呼ばれていたが、いずれもほぼ同じ組織を指している。このブログでは「テロ組織ISIL」と呼ぶことにしているが、その辺りはご了承頂きたい。

で、テロ組織ISILは、アブー・バルク・アル=バグダーディーなる人物の指揮の下にイスラム教の国家を樹立を目指したアルカイダ系の過激派組織、……いやテロ組織である。ジハード主義等とも呼ばれるが、「ジハード」は戦闘行為や殺戮を前提としたものではない。そもそもテロ組織ISILがイスラム教徒かすらも怪しいと個人的には考えている。
ともあれ、世間的にもテロ組織ISILはテロ活動を行い、非人道的な行為をする極悪集団と言う事になっているのだが、一時期は日本の領土に匹敵する程の広さまで勢力を拡大していたこともあって、それなりの組織を維持出来る程度の実力は持っていたようだ。
シリア北部のラッカで軍事作戦を続けてきたクルド人勢力を主体とする「シリア民主軍」は17日、ISの戦闘員が最後まで抵抗を続けていたラッカ中心部にある病院とスタジアムを制圧し、「ISのテロリストからラッカを完全に解放した」と発表しました。 ただ、「首都ラッカ」が陥落する程度には衰退してしまい、その行く末は暗い。


そもそも、テロ組織ISILの最大の強みは、拠点を定めずネットワーク型のテロを引き起こすことにあったのに、拠点を決めて「国」を作ろうとしたことは、その強みを放棄した事を意味する。
そうなれば、強大な戦力を持つ国々に蹂躙される未来は避けられないのも道理である。

ただし、これまでのように欧米が緩衝するというスタイルでは名にも解決しないことを学んだようで、欧米は資金提供や武器供与を中心に動き、イスラム系の対立する組織が戦うという構図になっている。
「シリア民主軍」はこの…

韓国軍、似非アイアンドームの開発に着手

共産党大会は明日開幕

ネットに偽情報が流れているとドヤ顔をする読売新聞

サヨク成分推しの毎日新聞、世論調査を行う

IMFが推賞する消費税の増税

【情報漏洩】オーストラリアからF-35戦闘機の情報が盗まれる

韓国大勝利?支那との通貨スワップ協定延長を実現?

ユネスコから脱退するアメリカ

枝野氏の語る「戦略的投票」とはなんなのか?