投稿

北朝鮮、核実験の中止を匂わせる発表するも、核放棄はしない

こんな話に何度騙されるのか。
北朝鮮、核放棄触れず 「核実験場を廃棄」 「経済建設に集中」宣言 2018年4月22日 朝刊
 【北京=城内康伸】北朝鮮は二十一日、核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験を中止し、「核実験中止を保証するため」として二〇〇六年十月以来、六回の核実験を実施してきた北東部・豊渓里(プンゲリ)の核実験場を廃棄することを発表した。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は核開発と経済建設の「並進路線」を転換し、今後は経済建設に集中する新路線を打ち出したが、最大の焦点である核放棄には踏み込まなかった。
週末のこのニュースが出て、世間はどんなふうに反応するか、と思っていたのだが、流石に手放しで喜んでいるメディアはいなかったようだが、完全に踊らされている気がするぞ。



これは東京新聞の記事だが、「最大の焦点である核放棄には踏み込まなかった。」としている。
 その上で、「今や、いかなる核実験もICBMの発射実験も必要なくなり、核実験場も使命を果たした」と結論づけ、今後は、社会主義経済建設に総力を集中する「新たな戦略的路線」を表明した。 これが、金正恩氏の発言だが、核開発が「終わった」ことを示唆しているが、「核実験場で、今後核実験をやらない」というようなニュアンスをにじませただけで、別に、今後核開発をやらないとも、核兵器を放棄するとも言及していない。
記事にある、「核実験場廃棄」ですら、明らかになっていない。
 だが、開発済みの核・ミサイルの放棄や、日本が直接脅威にさらされる中・短距離ミサイルの発射中止には触れていない。核実験場廃棄の具体的な手順も不明で、日米が求める「完全な非核化」とは大きな隔たりがある。 北朝鮮のことなので、最初からベタ降りの交渉はしないとは思っていたが、思った以上に譲歩しなかった印象である。
しかし、意外なのは、東京新聞もそうだが毎日新聞でもこんな感じだった。
北朝鮮「核実験中止」 非核化の道、不鮮明 正恩氏「保有」なお強調 会員限定有料記事 毎日新聞2018年4月22日 東京朝刊
 北朝鮮が核と中長距離、大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験の中止を決めたことは、南北や米朝首脳会談を前に、朝鮮半島の非核化に向けて前向きな雰囲気を醸成する一歩だと評価する見方もある。ただ、北朝鮮は現時点では核保有を堅持する構えは崩しておらず、今回の…

一帯一路構想はEU分裂の火種

野党は要らないんじゃないの?

日米首脳会談の裏で行われるロシアとの駆け引き

豊洲移転も環状2号工事も間に合わない

北海道への修学旅行を誘致

日米首脳会談始まる

アメリカも流石にぶち切れるか?韓国の酷い対応

南太平洋バヌアツに支那の軍事拠点

ここがおかしいよ、防衛省