2017年7月21日金曜日

民進党最後の党首、幹事長の交代を検討

ああ、何でも好きにすれば良いよ。

蓮舫氏、野田幹事長交代を検討 近く執行部人事、都議選敗北で

2017年7月21日 10時51分
 民進党の蓮舫代表は7月2日の東京都議選敗北を受け、野田佳彦幹事長を交代させる検討に入った。野田氏が都議選後、周囲に辞意を漏らし、慰留にも応じない考えを示しているのを踏まえた。後任幹事長の選定作業に入っており、近く執行部人事を実施する意向だ。党関係者が21日、明らかにした。
野田氏は良くも悪くも、首相を務めた人物である。それなりの政治的手腕はあるのだろう。民主党政権の中では一番まともな首相だったしね。

KF16の近代改修に纏わる翻訳ミスで、入札保証金は支払われず訴訟に

よく分からない話だな。

韓国防衛事業庁が米国との契約でうっかり翻訳ミス?多額の保証金を失う危機=韓国ネット「わざと?」「米国にまんまとだまされた」

配信日時:2017年7月12日(水) 20時40分
2017年7月12日、韓国・SBSによると、韓国の防衛事業庁が米国の防衛産業会社と結んだ契約の書類に翻訳ミスがあったことが分かった。韓国は受け取るべき200億ウォン(約19億8000万円)を失う危機に直面しているという。
そういえば、KF-16の近代改修は結局、ロッキード・マーティンがやるんだっけ?

韓国のT-50練習機は、タイに輸出

まあ、記録までに。

韓国航空宇宙産業、高等訓練機8機をタイに輸出

2017年07月12日09時29分
  韓国航空宇宙産業(KAI)が超音速高等訓練機T-50のタイ輸出に乗り出す。KAIはタイとT-50の2次輸出と関連した交渉を進行中で契約を控えていると11日に明らかにした。
タイにまで輸出しちゃうんだ。

2017年7月20日木曜日

【平昌五輪】開発公社、「無償の約束」を反故に

意味がよく分からない。

平昌五輪:開発公社が「無償」約束を反故、組織委は困惑

記事入力 : 2017/07/20 08:20
 江原道平昌の「アルペンシア・リゾート無償提供」問題をめぐる平昌冬季五輪組織委員会と江原道開発公社の対立が深刻化している。江原道開発公社が運営するアルペンシア・リゾートは、雪上・そり競技場やメディア村などが密集する平昌五輪の中核施設だ。
僕も困惑だよ!

あなたは嘘を見破れるか?民進党党首の疑惑

民進党は、早く党首を替えるべきだ。もう手遅れかも知れないが。

蓮舫氏、日本国籍を開示=台湾籍喪失の資料も

(2017/07/18-18:09)
 民進党の蓮舫代表は18日、党本部で記者会見し、日本と台湾の「二重国籍」解消を裏付けるものだとして、戸籍謄本の一部など関連資料を公開した。蓮舫氏はこれにより自身の二重国籍問題に区切りを付け、党の立て直しを急ぎたい考えだが、党内には対応の遅れに不満も出ており、収束は見通せない。

何ヶ月も遅れて会見した村田蓮舫氏の会見内容は心底どうでも良かったのだが……、その内容があまりにも奇想天外な話になったというので、軽く分析してみたい。

偏向報道賞、森友・加計スクープで

いやもう、偏向報道のオンパレードで賞を贈るのであれば、「日本ジャーナリスト会議」ではなく日本偏向報道会議に名前を変えてはどうか?

朝日新聞社の森友・加計スクープにJCJ大賞

2017年7月20日05時13分
 日本ジャーナリスト会議(JCJ)は19日、優れたジャーナリズム活動や作品に贈る今年のJCJ賞を発表し、大賞に朝日新聞社の「『森友学園』への国有地売却と『加計学園』獣医学部新設問題を巡るスクープと一連の報道」を選んだ。
一連の報道は、仲間内で盛り上がっただけで、結局、正確なことは殆ど報道しなかった。森友問題で言うのであれば、そもそも地価の評価が適切であるか?そのプロセスがどうだったか?という本質的なことを追求せずにお祭り騒ぎ、加計問題は、真実を明かした加戸氏の報道を全部カット。これで何かの賞を受賞するというのは、恥ずかしくないのだろうか?

韓国型軽ヘリコプター事業も、第2のスリオンへ?

コメントを頂いたので記事にしておきたい。情報ありがとうございます。

韓国型軽ヘリコプター(LAH / LCH)事業、「第2のスリオン」の懸念

2017.07.18 17:15
韓国型機動ヘリスリオン(KUH-1)開発事業に関連する各種の不正疑惑が監査結果明らかになり、韓国航空宇宙産業株式会社(KAI)で推進されている他の事業も疑惑を買っている。特に小型民間/軍需ヘリコプター開発事業である「LAH / LCH」事業計画がまな板に上がった。自主国防ネットワークイイルオ事務総長は17日、CBSラジオ「ジョングァンヨンの時事ジョッキー」に出演して韓国型軽ヘリコプター事業が「第2のスリオン」になる可能性が高いと指摘した。
似非韓国産のヘリコプターを作ると言う意味では、第2のスリオンで問題無いわけだが、どうやら、その帰趨も同じような結論になるという話らしい。ところで、「自主国防ネットワーク」のトップって、何する人?

2017年7月19日水曜日

KF-Xに18兆ウォンを投入するぜ!

金持ちやね。

韓国軍:計18兆ウォンを投じて韓国型戦闘機を独自開発へ

記事入力 : 2017/07/15 08:35
 韓国型戦闘機(KFX)事業は、韓国空軍の老朽化したF4およびF5戦闘機を代替するため韓国製の主力戦闘機を開発し、120機量産するという事業だ。米国ロッキード・マーチン社の最新型戦闘機F35Aを40機配備する次期戦闘機(FX)事業とは異なる。
ただ、独自開発するには桁が1つ足りない。

スリオン、戦力化中断しちゃった!

あれ?あっれれー?

巨額投じた韓国製機動ヘリ、問題だらけで戦力化中断へ

記事入力 : 2017/07/16 23:06
 韓国軍が「名品国産兵器」と宣伝してきた韓国製機動ヘリコプター「スリオン」の開発・戦力化の過程が非常にずさんだったことが監査院の監査で明らかになった。スリオンの開発・量産にはこれまでに2兆2700億ウォン(約2700億円)が投じられている。監査院は17日、スリオン事業を総括している防衛事業庁に対し、欠陥を修正するまで戦力化(納品)を中断するよう通告する予定で、これに伴い今後の量産と輸出にも大きな支障が出る見通しだ。
先日まで、戦力化を続けるみたいな話だったハズなんだが……。

K2戦車は泥沼の裁判沙汰へ?

韓国側のメディアの記事が探せなかったので、産経新聞ソースだ。

 韓国の新型K2戦車、泥沼の裁判沙汰へ 性能不足で軍とメーカーが対立

2017.7.18 05:30
 韓国の新型戦車「K2(黒豹=フクピョ)」の開発が失敗に終わろうとしている。開発開始(1995年)から20年以上たつものの、エンジンの大出力を駆動系に伝える変速機の開発がうまくいかず、試作品は国(防衛事業庁)の試験に落第また落第。ついに変速機の生産メーカーS&T重工業が「試験方法や性能要求が厳しすぎる」として防衛事業庁を訴えたのだ。現地メディアによるとS&T社は本訴も予告しているといい、国産戦車開発は“泥沼”にはまり込んだ格好だ。
みんな大好き、K2戦車の続報だぜ!